結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!

2013年05月08日

『北斗の拳』名も無き修羅・砂蜘蛛は第二部インフレの象徴


北斗の拳強さ議論スレ190
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1360598167/


663 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 05:59:23.71 ID:???
フゥルコと互角程度のラオウなんか砂蜘蛛にすら苦戦するだろ
砂蜘蛛が二部インフレの象徴


666 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 18:51:01.41 ID:???
>>663
苦戦するまではいかないと思うが無傷で楽勝ではないだろう
砂蜘蛛に苦戦だとハンには何もできずに負けそう


667 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 20:46:52.87 ID:???
ファルコは修羅の国のレベルに絶望してたじゃん。
てことは、万全の状態だったとしても通用しないと認めているようなもんだろ。


668 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 20:52:56.96 ID:???
もし砂蜘蛛だけが侵入者を殺していたら?
鎖国伝説は実質砂蜘蛛だけで守られたことになる。
だったら決してハンでも楽勝ではないがな

砂蜘蛛をただの1人の雑魚レベルとするなら、たまたま赤シャチの百人の部下を皆殺にした修羅とたまたまファルコを半殺しにした修羅が
同一人物だったのも偶然過ぎるなあ 侵入者はある程度修羅を殺しているんだよ、しかし最終的に彼の前で倒されてきたんじゃないかな?
そうでなければ偶然にしてはおかしいし。砂蜘蛛が実質1人で鎖国を守っていた可能性は十分あるな。
なら、ハンでも早々に勝てないはず。現実社会においても実力があるからといって昇格や昇給になるわけではないし。
砂蜘蛛がカイゼル・シャチ以上の存在でも決して不思議ではない。いや実質そうだろ?


669 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 21:21:41.51 ID:???
>>668
鎖国を守るって赤シャチの百人の部下や手負いのファルコを倒した所で何のステータスにもなりゃせんだろ。


670 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 21:36:26.38 ID:???
>>669
百人の部下を殺した時とファルコを倒した期間は相当あったぞ?
その間、たくさんの侵入者があったはず
それで仮面が取れる昇進があってもおかしくないだろ?


671 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 22:02:10.78 ID:???
>>670
わざわざ修羅の国のような修羅の世界に道場破りに行く様な奴なんて極少数派だろw
第一、その侵入者とやらは何の目的があって修羅の国に侵入するんだよ!?
ケンシロウやファルコみたく明確な目的があるわけでも無しに自殺志願者としか思えないんだがw


672 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 22:20:55.34 ID:???
沿岸警備隊の修羅なんてウヨウヨいるよ。砂蜘蛛が雑魚レベルなら
たまたま百人の部下・ファルコも同一人物にやられたのは
偶然過ぎるだろ?必ずしも同じところから侵入するとも限らないんだし。
砂蜘蛛が強すぎる説をとるなら、同一人物でも説明はつくと思う。
砂蜘蛛でしか倒せなかったということになるから。
砂蜘蛛雑魚説、砂蜘蛛最強説があるが、
俺は、砂蜘蛛が特別に強すぎた最強説を推すよ。
つまり、ファルコが砂蜘蛛に苦戦したから、
格上のハンにやられるということではないと思っている。


673 :マロン名無しさん:2013/05/04(土) 22:24:34.67 ID:???
ファルコが砂蜘蛛に勝てたのは刹活孔の恩恵があったからだろ。
トキだって一時的とはいえ刹活孔で剛の力を得てラオウを圧倒したし。


683 :マロン名無しさん:2013/05/05(日) 11:50:14.88 ID:???
ファルコ対砂蜘蛛は瀕死の重傷ってのがキーポイントのはずなのに
復活ファルコでも多少苦戦したのが戴けない
ケンシロウ『万全なら貴様などファルコの敵では無い』
の説得力の無さ…


684 :マロン名無しさん:2013/05/05(日) 12:06:44.11 ID:???
ファルコVS砂蜘蛛とラオウVSレイは相手の強さを強調する演出とはいえやり過ぎたよね
posted by paradise7★ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。