結婚相談所「オーネット」は、婚活をサポートします!

2006年08月21日

亀田興毅とランダエダ再戦決定

チャンピオン戦での疑惑判定が大騒動となった亀田興毅とランダエダ。
再戦が決定しました!

興毅がランダエタと10月下旬にも再戦

 WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅(19=協栄)が10月下旬にもファン・ランダエタ(27=ベネズエラ)との再戦で初防衛戦を行ことが有力となった。WBAは18日(日本時間19日)に最新の世界ランクを発表し、今月2日の同王座決定戦で亀田に敗れたランダエタをライトフライ級1位のまま据え置いた。王座決定戦後の新王者は3カ月以内に次期1位との指名試合が原則。亀田陣営も減量面を考慮に入れ、10月下旬の再激突に向けて最終調整に入った。
 亀田がランダエタとの再戦で完全決着をつける舞台は整った。WBAが発表した最新の世界ランキング。ライトフライ級には新王者の亀田、同級1位にはランダエタが名を連ねた。王座決定戦で戴冠した新王者は、原則的に初防衛戦として次期ランキング1位選手と指名試合を義務づけられる。3カ月以内の防衛戦が原則となるだけに、亀田陣営は10月下旬の再戦で最終調整に入った。
 当初、初防衛戦は大みそかが有力視されていた。しかし成長期の亀田には試合間隔があけば、それだけ減量が苦しくなる事情がある。関係者は「防衛戦を行うならば、早くしなければ前回以上に減量が厳しくなる。次戦をライトフライ級の防衛戦で戦うならば、大みそかまで待っていられない」とV1戦を10月下旬に前倒す経緯を説明した。
 亀田も微妙な判定勝ちとなった原因に初の世界戦という緊張と、ライトフライ級まで減量した影響によるパワーダウンを挙げた。6日のテレビ生出演後も「防衛戦? 王座返上? いろいろ含めてやな。オレのペースでやる」と時間をかけて結論を出すことを明言。ただ最近、自身のプログで次戦の方向性を固めたことも示唆していた。
 亀田が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長も「明日(20日に)大毅君の試合がありますから。その試合が終わった22日以降に話したい。現時点での発言は控えたい」とランダエタとの再戦を否定しなかった。今月2日に行われた亀田−ランダエタ戦の視聴率は平均42・4%、瞬間最高52・9%という高い数字をマークした。2−1の微妙な判定勝利を契機に世界戦の採点や判定法までがクローズアップされた。再戦が正式決定すれば、再び大きな注目を集めることは間違いない。

(日刊スポーツ) - 8月20日9時52分更新


ともかくTBSはまた視聴率とりまくり間違いなしなわけだ!


亀田興毅の苦悩を描いた傑作パロディー
「あしたの亀田」超おすすめ
【面白】「あしたの亀田」ノーガード戦法【11n】

【疑惑】亀田興毅のダウンを見守るあの人【判定】
ランダエダ選手からのメッセージ

【流出】亀田判定TBS抗議電話対応マニュアル
亀田騒動に関与?ネット上で情報操作をする会社

亀田賛美で上村愛子ブログ炎上
posted by paradise7★ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

亀田興毅 VS ランダエタ再戦決定
Excerpt: 記事にするのも、どうかと怒られそうだが。 再戦が発表されましたので、載せておきます。 亀田一家は、物凄い練習をしてるから、負けるはずないと日ごろから言ってます。 物凄い練習したら、誰でも勝てるよ..
Weblog: SUKIなこと
Tracked: 2006-08-22 15:06
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。